家を建てる時に気になること。構造の違いって?

家を建てる時の構造は?

家を建てる時に木造か鉄骨か、構造の違いで迷う方も多いのではないでしょうか?それぞれの特徴と違いを紹介していきます。鉄骨の特徴は、耐震性、耐火性が高いことです。災害に強いというメリットがあります。また鉄骨は防音性にも優れています。軽量鉄骨の場合は工場での大量生産が多く施工する際の技術に左右されない事や工期が短いという点も魅力にあげられます。ただし木造に比べて材料費などの費用が高く、地盤が弱い土地に建築する場合は杭打ちなどの対策が必要になります。

鉄骨と木造の違いは?

木造の鉄骨に比べてコストがかからないことや、間取りが比較的自由にとれることがメリットにあげられます。木造住宅の場合は耐震性が気になりますが、筋交いや強度の高い壁を使ったり、屋根を軽量化するなどで耐震性も高まっています。築年数の経過により木材の劣化や腐食で、鉄骨と比較すると耐久性が低く、定期的なメンテナンスや補強が必要です。また、鉄骨は耐久年数が高いため建物の評価額が下がりにくいこともあり、木造に比べて固定資産税が高くなりやすい傾向があります。

それぞれの特徴を活かして

家は建てて終わりではなく、維持管理も大切です。建築にかかる費用も大事ですが、その後のメンテナンスやリフォームのことも検討しながら構造を選択することをおすすめします。それぞれの特徴を活かして、木造でも一部を鉄骨にするなどの方法もあります。家を建てるには信頼できる業者を選ぶことも大切です。こちらからの相談にもしっかりと対応し、適切なアドバイスをしてくれる業者に依頼して自分の希望に添った理想の住まいを手に入れましょう。

注文住宅はオーダーメイドなのであらゆる要望に応えてもらえる、予算を調整できるなどのメリットがあります。