うまく利用すればお得に!初期費用ゼロの物件とは?

初期費用ゼロの物件とは?

お部屋探しをしていると初期費用ゼロの物件を見つけることがあると思います。通常は敷金が家賃の2カ月、礼金が1カ月、仲介手数料が1カ月分など、初期費用がかかってしまうことがほとんどですよね。それらがゼロになるということは、引っ越しのため資金が集まっていなくてもすぐに新居に移れるため便利です。しかし美味しい話には裏があるのではと勘ぐってしまう方もいるでしょう。当然、初期費用ゼロの物件はそれなりの理由があり、一言でいえば人気がない物件です。それについて具体的に解説していきます。

初期費用ゼロになる理由とは?まともな物件もある?

一般的に人気がない物件とは、立地や設備のわりに家賃が高い、駅から遠い、隣人に問題があるなどの理由があります。これでは誰も住んでくれないため、大家さんは誰かに住んでもらおうと初期費用をゼロにするのです。ただし、特に悪い点がないまともな物件なのに初期費用がゼロのところもあります。この場合は家賃が相場よりも高く設定されていることがほとんどです。最初にかかる費用は少ないですが、長い目で見ると同程度の相場の物件よりも多くお金を支払うことになってしまいます。ただしこのパターンの物件の場合1~2年程度の短い期間であれば、お得になる可能性もあります。

損する可能性もあるので注意

初期費用ゼロの物件はうまく利用すれば得になりますが、損する可能性もあるので注意が必要です。入居時にお金がかからないと思いきや、入居直前に部屋のクリーニング代がかかる場合もあります。心配な方は物件情報の隅から隅までチェックして、費用がかかると書いてないか確認したり、契約前に確認したりしておくといいでしょう。また、退去時のクリーニング代が高くつくこともあります。通常は敷金を支払うので修繕の必要があればそこから支払うため、余程ひどい破損をしていなければ新たに請求されることはありません。しかし入居時に敷金を支払っていない場合は新たに請求されてしまいます。部屋の設備などを大事に使用したりして修繕が必要にならないように気を付けましょう。また、入居前にデジカメなどで部屋の状態を撮影しておくと、キズなどがあっても自分が原因ではないと証明できますよ。

札幌の賃貸マンションでは、セキュリティをはじめとした設備が大変充実している他、ゆとりのある間取りが魅力の物件も多いため、ファミリーでの暮らしに最適です。