物件数と家賃どっち優先?部屋探しにピッタリな時期は?

物件数が多いのは1月から3月にかけて

部屋探しで一番物件が多い時期は、1月から3月にかけてです。4月から新社会人や新学生が転居するタイミングになるからです。特に一人暮らし用の部屋が空きやすくなりますので、1Rや1K、1DKなどの部屋をお探しの方はチャンスですね。ただし物件数が多いとはいえ、この時期に新居を決めようとする人もたくさんいます。そのため早めに決めないと他の人に取られてしまう可能性があります。また、家賃を強気に設定している物件が多く、家賃交渉が厳しい時期でもあるのです。余裕を持って部屋探しをすることがポイントになりますよ。

家賃交渉がしやすいのは5月から8月にかけて

逆に物件数が少なくなるのは5月から8月にかけてです。4月前の転居時期に多くの物件が契約となり、空き物件のほとんどが売れ残りとなります。物件が少ないと部屋探しがしにくいかもしれませんが、その分家賃交渉がしやすくなります。1月から3月に強気に設定した家賃を見直して、家賃が下がっていたり、不動産屋さんや大家さんとの交渉が通りやすくなったりするのです。ただし売れ残った物件であるため、不人気な条件の物件が多いこともあるので、よく検討するのがポイントとなりますよ。

不動産屋さんの強気な営業に気を付けて!

上述したように、5月から8月にかけては不動産屋さんへの融通がききやすいです。梅雨や夏の暑さによって引越しをしようとする人も少ないため、不動産屋さんも暇となるからです。しかし1月から3月は引越しする人が多いため、不動産屋さんの営業もかなり強気になります。「今すぐ決めないと他の人に取られます」などといって契約を急かされてしまうこともあるので、余裕を持って部屋探しを始めることをオススメします。引越し時期の2カ月くらい前から部屋探しを始めると希望の部屋へ入居できる確率も高くなるでしょう。

帯広の賃貸マンションは物件の数が豊富です。選択肢が多いために、理想的な条件の物件が必ず見つかります。