賃貸物件の家賃は下がっていくのが自然な時代に

長く住んだら老朽化するのだから

賃貸物件の家賃は、デフレの時代がこれだけ続いても高止まりのままでした。大多数の人の収入は下がり続け、物価も住宅価格もずいぶん下がった一方で、家賃だけは別格扱いでした。でも、新築物件ならわかりますが、長く住んでいても家賃が上がっていくって不思議ですね。土地価格も下がり、建物は老朽化し、それでなぜ家賃だけ、と考えてしまいます。最近になってようやく、古い物件の家賃の値下がりが始まってきましたが、住み続ける住人の家賃は値下げされません。

家賃の逆転現象はどうかと

空き家が多い集合住宅では、家賃を値下げして募集したりしますが、住み続ける住人の家賃はそのままです。そうした家賃の逆転現象が続いたら、旧住人は他の物件に引越して行ってしまうかもしれません。その方が家賃も安いし、設備も新しいからです。同じ集合住宅内での引っ越しを希望する可能性もあります。引っ越しは何かとたいへんですから、却下されたら引越し覚悟という姿勢で、家主に交渉してみるのが望ましいでしょう。家主も引っ越されるよりは、その方がいいはずです。

人口減少でリーズナブルな家賃に

デフレが20年以上続いても、びくともしなかった家賃ですが、さすがに人口減少で空き室が増えてくると、下げざるを得なくなってきているようです。古くなった物件の家賃が下がるのは当然のことです。住み続ける住人の家賃も、新しい入居者とそろえるのが本来の姿です。古い設備のまま住んでいるのですから、さらに安くてもいいくらいでしょう。すべては需給関係ですね。賃貸物件の建設は依然として続いていますから、さらに家賃が下がっていくことが期待されます。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、安全に暮らすことができるように防犯セキュリティが充実しているだけじゃなく強度もある賃貸マンションです。